パニック障害とは? 克服プログラム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック障害とは

パニック障害とは、パニック症候群と言われていたり、パニック発作とも言われているケースもあります。

現代では決して少ない病気ではなく、日常茶飯事的にこの病気を抱えている人が、パニック症候群の症状を発症しているのが現状です。

パニック障害による症状をパニック発作と言いますが、突然息ができなくなったり、息が詰まってしまったり、動悸が激しく、冷汗が突然出るなど、色々な症状があらわれてきます。中には手足が震えて、めまいを伴い、吐き気がする人もいると言われています。パニック症候群の発作は、いつ起きるかわかりませんし、前回起こった発作がトラウマになり、それがきっかけで、パニック障害を再発してしまう人もいます。

パニック障害は割合的にいえば、100人に2-3人の割合でかかると言われています。
だれでもがかかる可能性があることがわかります。決して他人事ではないのです。

また、パニック障害は女性の方が、男性よりも倍の確立でかかるとされています。

パニック障害になりやすい年齢というのは、20代後半から30代前半の年齢層の人が一番かかりやすいと言われているのですが、早い人では、10代から、遅い人では、50代を過ぎても、パニック障害を発症する人は多いと言われていますから、年齢的には幅広く発症する病気であるとも言われています。

パニック障害は遺伝的なことも原因で現れるのではないかと考えられていて、家族にパニック症候群の患者がいる場合には、その家族もかかりやすいとも言われています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。