パニック障害の症状 - パニック障害とは? 克服プログラム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック障害の症状

パニック障害の症状とはどんな症状があるのでしょうか。

パニック障害の症状というのは人によっても違っていますし、その人の症状の現れ方によっても大きく違っていますが、他の症状としては、胸を締め付けられるような痛みを感じたり吐き気がある、腹部に強く不快感を感じるという人も中にはいます。

パニック障害の症状としては、他の病気の症状とはっきり違うと区別される症状としては、強い恐怖感を抱いたり、不安感を抱くといったような症状が大きいと思います。または寒気や逆に熱感なども急激に起きるというようなことも、パニック障害の症状の特徴的な症状です。他にも、パニック障害の症状としては、動機が激しく、心拍数が増える、汗を突然大量にかく、身震いが止まらない、震えがとまらない、息切れがひどい、息苦しさを感じる、窒息するように感じたりする人も中にはいます。

パニック障害は軽度の症状の人もいれば、重度の症状の人もいますから、重度の場合には、めまいや、ふらふらする感じ、頭が重い、逆に頭が軽く感じたり気が遠くなりそうに感じるなどの症状もあります。

現実ではないと感じてしまったり、幽体離脱、自分が自分から離れていると感じるという人もいます。
重度の人の場合には自分を自分でコントロールできなくなり、気が狂いそうになるという恐怖感を感じたり、死に対してとてつもなく、恐怖を感じたり、とても変な錯覚を感じるといったパニック障害の症状もあるとされています。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nynaru.blog.fc2.com/tb.php/4-33c9b536

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。